GAGEX BLOG

GAGEXの業務内容や取り組みを公式ブログで情報発信中!

社長の1日 〜ある日のGAGEX〜

社長の1日 〜ある日のGAGEX〜

こんにちは、社長です。
今日はちょっと趣向を変えて、ある平凡な社長の一日をご紹介しようと思います。
おっさんの生態を赤裸々にしたいわけではなくて、「GAGEXで働いたらこんな感じなんだな」という雰囲気を感じてもらおうという意図です。

それでは時系列でお楽しみください!

 

7:30 二度寝

iPhoneの目覚ましが鳴ります。
設定されているのは、かの名曲「フライデーナイト・ファンタジー」です。

月曜の朝だろうがフライデーナイト。
人生はファンタジーですね。

さて、速攻で止めて、もう一度寝ます。眠いからね。

(以降割愛)

 

10:00 出社

奥さんと次男(0歳)にお別れをして出勤です。
途中で缶コーヒーをひとつ。
健康のためブラックです。
会社までは歩いて20分くらいです。

10:20 業務開始

会社到着。
だいたい一番最初です。
鍵を開け、空調を入れて、備え付けのTVからBGMを流します。

流すのは主にコチラ
お世話になっています。

10:30〜11:30 朝のルーティンワーク

皆、ぼちぼち出社です。おはようございます。
(もうちょっと早く来てくれてもええんやで?)

この間、メールチェックをしたり今日の業務のための準備をしたりします。

11:30 デイリースクラム

毎朝定例の開発会議「デイリースクラム」を行います。
各自、

・昨日やったこと
・今日やる予定のこと
・問題点(予定を妨げそうなこと)

を報告します。
問題点の内容によっては、その後、スタンドアップでミーティングをしたりもします。

11:45 執務時間

本格的に執務開始です。
開発メンバーは、週単位で決めたタスクリストに従って開発を進めます。
社長も開発メンバーのひとりなので、開発状況次第で、いろいろやります。

【シナリオ書き】ゲームの「お話」は、だいたい社長が書いています。
【成果物の確認】皆が作ってくれた画像やプログラムなどの内容を確認します。
【デバッグ】新しくできた部分の動作に問題ないか確認したりします。
【お金の管理とか】これももちろん社長の仕事です。
【採用関連】応募して下さった方の資料を拝見したり面接したり。

シナリオを書くときは気分転換のために外に行って書くこともあります。
スカイツリーのお膝元「東京ソラマチ」は、くつろげるスペースがたくさんあって、お気に入りです。

14:00 お昼休み

社長はいつも、ちょっと遅めです。
心身に余裕のあるときはソラマチまで食べに行きます。
忙しいときはビルの1Fにあるセブン-イレブンにお世話になります。

昼食後、心のなかで「社長室」と呼んでいる仮眠スペースでお昼寝。
15分でも寝るとリフレッシュできますよ!
ぐう。

15:00 業務再開

タスクの進行確認や、諸々の相談。
開発のタスクは「Trello」でチケット管理しています。

社内コミュニケーションは「Slack」に一本化されています。

Trello上での変更やコメントもSlackに投稿されるので可視化されて便利です。
ちょっとツールに頼りすぎて会話不足かも? と感じるのが継続的な悩みです。

16:00 スプリントレビュー会

この1週間での成果物を各自が開発メンバーと関係者に披露し、プレゼンする定例会です。
成果物ベースで進捗を把握し、意見を交換し、何よりもお互いの成果を称賛する大切な場です。
この会が順調で楽しく進められていると、開発も順調だなあと感じられます。

実際は、なかなか、そう甘くはないのですけれども。

17:30 1 on 1ミーティング

月に一回の社員との個人面談です。
評価や査定のための目標管理が目的ではなく、定期的に上長と対話する時間を持つことで気づきや成長を得ることを目的としています。
わざわざ「社長お話が…」と時間をもらうのも躊躇われる、というような話題でもこの機会に話すこともできます。
時間は30分です。

まだまだ、この時間を有意義に使えていない気がしていて、社長としては反省しきりです。

18:30 業務終了

蜘蛛の子を散らすように、皆帰宅します。
今日も、お疲れさまでした。

残業はほとんどありません。

社長も戸締まりをして帰ります。

19:15 くらい 帰宅

奥さんと、ふたりの息子がお出迎えです。
ただいまー。

 

 

さて、いかがだったでしょうか。
主人公がオッサンで本当に申し訳ない気持ちですが、GAGEXの日常を感じてもらえれば幸いです。

なんか、自分のスタイルにあってそうだなー! と思った腕に覚えのあるアナタは、ぜひ下記よりエントリーください!

お待ちしております。

GAGEXの求人情報

詳しくはコチラ

imura

imura

代表取締役

1976年2月、東京都生まれ。B型の水瓶座。
幼少の頃よりファミコンとジャンプに抱かれて育つ。

いつかゲームメーカーを経営することを夢見るモテない少年期を過ごす。
学生時代は麻雀(弱い)と格ゲー(弱い)にまみれて過ごし、2年留年。
恐怖の大王が降ってこないことを確認した後、就職する。

その後、大手ゲームパブリッシャーでのモバイル(フィーチャーフォン)向けコンテンツ事業の経験を経て、2011年春、株式会社GAGEXを設立。

初めて触ったパソコンはPC-8801mkIIFR。
趣味は読書と映画、いずれも最近は摂取する時間なし。

2児の父。